So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

陸自ヘリ、今秋派遣 スーダンPKO、月内に準備命令(産経新聞)

 政府は12日、国連平和維持活動(PKO)スーダン派遣団(UNMIS)に陸上自衛隊のヘリコプター部隊を派遣する方針を固めた。来年1月に実施されるスーダン南部独立の是非を問う住民投票での輸送支援に限定した短期派遣。活動拠点としてジュバ、カドグリの両市を想定している。月内に準備命令、今秋に派遣命令を出す。

 PKO活動でのヘリ部隊派遣は初めて。菅直人首相は8日、北沢俊美防衛相にスーダンを念頭にPKOへの積極的な取り組みを指示した。これを受け、防衛省はヘリ部隊の任務について、住民投票関連資材や選挙監視要員の輸送に限定する方向で調整に入った。

 9月にも派遣規模を含めた実施計画を閣議決定し、防衛相が派遣命令を出す。ヘリをスーダンに輸送するには海路と陸路を組み合わせ約1カ月が必要とみられ、11月中に現地で準備を整えた上で、12月〜来年1月に任務に当たる。

 スーダン南部は陸路が未整備で、車両輸送が困難な地域を抱える。4月に行われた大統領選の準備では民間ヘリだけでは足りず、UNMISがヘリ部隊を派遣し、投票資材を各地に届けた。来年1月の住民投票でも同様のオペレーションが必要となる見通しで、国連は日本にヘリ部隊派遣を要請していた。

 陸自ヘリ部隊の海外派遣は平成17年のパキスタン地震での救援以来。CH47大型輸送ヘリの派遣も検討されるが、地上からの攻撃への防護が課題となる。

<裁判員裁判>強盗致傷「指示」の男懲役9年 東京地裁判決(毎日新聞)
菅首相 沖縄県知事と15日に会談(毎日新聞)
りそな銀、2億5000万円納付漏れ=収入印紙60万枚分―大阪国税局(時事通信)
荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
歯科治療中に2歳女児死亡=脱脂綿のどに詰まらせる―埼玉(時事通信)

<たちあがれ日本>中川氏、参院比例代表で出馬へ(毎日新聞)

 たちあがれ日本の中川義雄参院議員(北海道選挙区)は30日、北海道音更町で記者会見し、夏の参院選に比例代表で立候補する考えを表明した。長男の賢一氏がみんなの党から道選挙区(改選数2)に立候補することから、一時は出馬断念の方向で検討していた。

 中川氏は記者会見で、「政治的な信念と、人間としての情の間で悩んだことは事実。難しい選挙になるが、勝つことで期待に応えなくてはならない」と強調。参院選での賢一氏との連携については「一切ない」と否定した。

【関連ニュース】
たちあがれ日本:中川義雄氏が参院出馬断念
自民党:藤井元運輸相が離党届提出 新党に参加
ファイル:内政・外交・安保 「たちあがれ」、参院選の1次公認発表
選挙:参院選 たちあがれ日本・中川義雄氏が出馬断念
ニュース交差点:政治 新党は「たちあがれ日本」

切手360万円分着服 近畿農政職員を免職(産経新聞)
民主参院に首相退陣要求強まる、小沢氏と再会談へ(読売新聞)
梅若小児童が梅の実を収穫 墨田区(産経新聞)
「首相ではもう不可能」 普天間問題、谷垣氏言及(産経新聞)
<掘り出しニュース>「ハイブリッド車の分解展示」内覧会、応募殺到、予定の3倍超/埼玉(毎日新聞)

「宇宙への夢、花開け」=山崎さん、松本零士さんに種(時事通信)

 宇宙飛行士の山崎直子さん(39)と一緒にスペースシャトルで宇宙に行った朝顔の種が24日、種を託した日本宇宙少年団理事長の漫画家松本零士さんに返還された。
 宇宙航空研究開発機構の東京事務所で開かれた返還式では、種を手渡した山崎さんが「お返しできてとてもうれしい。これをきっかけに子どもたちが科学に興味を持ち、少しでも身近に宇宙を感じてほしい」と語った。
 松本さんは「子どもたちがこの種を次々と植えていき、宇宙への夢が花を開いてほしい。山崎さんの後輩として、宇宙を目指す少年少女が相当出ると信じている」と話した。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
「あっという間」と野口さん=6月2日、宇宙基地から帰還

辺野古移設「駄目」=沖縄知事(時事通信)
女性車掌が気にくわない…つば吐いた43歳男逮捕(産経新聞)
<中野区長選>田中大輔氏が3選 東京(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に(毎日新聞)
<将棋>羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)

宮崎県内10カ所で新たに口蹄疫の疑い 種雄牛の飼育施設でも(産経新聞)

 農林水産省と宮崎県は16日、種雄牛を管理する県家畜改良事業団(同県高鍋町)や農家など県内計10カ所で、新たに口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある牛と豚が確認されたと発表した。10カ所の牛と豚約1800頭を殺処分とする。

 これで感染の疑いがある家畜が出た農家や施設は計101カ所、殺処分の対象は約8万2千頭となる。

 県によると、同事業団では種雄牛約50頭を飼育。精液を採取・凍結保存し、年間約15万本を県内向けに出荷している。

 ただ、出荷精液の約9割を占める種雄牛6頭は、同事業団の施設から別の仮設牛舎に避難させており、感染の疑いもないため、殺処分の対象とはならないという。

【関連記事】
新たに10カ所で口蹄疫疑い 宮崎、殺処分8万匹に
「今の状況は地獄だ」 風評被害に苦しむ宮崎
横峯、賞金1200万円を宮崎県へ寄付 口蹄疫対策に
農水相、口蹄疫で全額補償を表明 処分対象6万匹超
口蹄疫対策が後手後手 東国原知事が政府に不満

取調室禁煙 消えゆく「1本吸うか」…15都道府県警実施(毎日新聞)
熱湯かけられ1歳長女やけど 母親を逮捕(産経新聞)
<新型インフル>患者情報の対応分かれ 都道府県調査(毎日新聞)
信号無視バイク、追跡中転倒21歳逮捕 堺、酒気と無免許(産経新聞)
橋本元首相が草葉の陰で泣いている 鳩山首相の普天間対応(産経新聞)

米軍訓練の分散移転へ調整=10日に閣僚会議(時事通信)

 政府は9日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、普天間を含む沖縄県全体の米軍訓練を全国の自衛隊基地などに分散移転させる方向で調整に入った。既に固めた県内移設案などと併せ、パッケージで沖縄の負担軽減を図ることで、地元の理解を得たい考えだ。10日に鳩山由紀夫首相と岡田克也外相、北沢俊美防衛相らによる関係閣僚会議を開き、政府案の詰めを行う。
 政府関係者は9日、ワシントンで12日に日米実務者協議を行い、分散移転案を米側に提示する方向で調整していることを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜

14歳少女の心移植成功=渡米の寺町沙也さん(時事通信)
<殺人未遂容疑>交際男性の胸刺す 45歳女を逮捕 東京(毎日新聞)
鳩山首相「おわび行脚」ひたすら低姿勢 言葉はまた“空回り”(産経新聞)
<鳩山首相>日米のさくらの女王が訪問 オバマ氏親書を持参(毎日新聞)
普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)

<プラスチック>強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)

 鋼のように強く、軽くて安いプラスチックを開発したと、広島大の彦坂正道特任教授(高分子物理学)と岡田聖香博士研究員らが19日発表した。車に使えばバンパーや内装、車体の外板やガラスなど、材料の40%以上に活用できるという。省エネや省資源、低コスト化に貢献しそうだ。

 材料は、食品容器など身の回りで広く使われているポリプロピレン。研究チームは、溶けた材料を冷やして固める際、上下から瞬時に板でつぶして延ばすと、材料の中に微小な結晶がたくさんでき、それが一方向に並んで強く結びつく構造が生じることを発見した。

 この結果、引っ張る力に対する強度が普通のポリプロピレンの約7倍、鉄鋼やステンレスの約半分に高まった。厚さを2倍にすれば鋼板並みの強度を確保でき、重さは4分の1で済む。また、繰り返し曲げても割れにくく、ガラス並みに透明にもできる。彦坂教授は「この方法ならつぶす工程が加わるだけで、町工場でも簡単に製品に使える」と説明する。【山田大輔】

男性型脱毛症の診療指針 患者にも参考の評価5段階(産経新聞)
学力テスト方式移行「大失政の典型」橋下知事(読売新聞)
高速料金 制度再検討 値上げ幅の抑制が焦点に(毎日新聞)
堀内恒夫氏に参院選への出馬を打診 自民(産経新聞)
<全国町村会>新会長に藤原・長野県川上村長を選出(毎日新聞)

「みんなの党」が積極策 1人区にも候補者擁立(産経新聞)

 各種世論調査で民主、自民両党に次ぐ支持率を獲得するなど注目度が高まっている「みんなの党」(渡辺喜美代表)が、夏の参院選で、比例代表や改選数2以上の選挙区だけでなく、1人区にも候補者を擁立する積極策に打って出ている。

 衆院5、参院1の計6人のミニ政党ではあるが、政党支持率を着実に上げたうえに、最近の地方選挙でも実績を上げていることが大きな要因だ。参院選後に政界再編を巻き起こすための「触媒政党」としての役割を目指してきたが、党の存続を前提とした戦略の見直しも検討し始めた。

 渡辺氏は16日の記者会見で、29ある1人区のうち、地元の栃木をはじめ6以上で公認候補を擁立する方針を表明した。

 渡辺氏は擁立方針に踏み切った理由について「民主党には期待できないが自民党もダメだということならば、『目覚めた有権者』はみんなの党の候補がいれば支持をすることも大いに考えられる」と述べ、無党派層の獲得に強い自信を示した。

 結党時は渡辺氏しか残れない政党という意味の「新党ひとり」などと冷やかされた。しかし、衆院選で5議席を獲得して政党要件をクリア。鳩山内閣の支持率が急落し、自民党の支持率も伸び悩む中、「天下り禁止」などの公務員制度改革を「アジェンダ(政策課題)」に掲げ、渡辺氏個人の発信力も影響して、支持率は公明党を上回るほどになってきた。

 地方選挙では、3月28日投開票の神奈川県逗子市議選で公認候補が1、2位当選を果たし、推薦も含めた3人全員が当選。今月11日の東京都多摩市長選では、党単独推薦の候補が与党系候補に惜敗するも、票数で自民、公明両党系を上回った。地方首長による「みんなの首長連合」(仮称)の動きも始まった。

 渡辺氏は16日の会見で、「触媒政党」の役割について「化学反応を起こさないみんなの党がどんどん大きくなれば、化学反応を起こす相手方にも強烈なインパクトを与えるのではないか」と、みんなの党自身の勢力拡大を図っていく可能性も指摘した。

 支持率上昇を追い風にしたみんなの党の積極策に対して、民主、自民両党は票を食われることを警戒している。他の党も「公務員バッシングと規制緩和、小さな政府だ。これでは地域が生きていけない」(福島瑞穂社民党党首)と批判を強めている。

【関連記事】
「小泉路線と同じ」とみんなの党を批判 福島党首
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」
みんなの党、あの元日本テレビキャスターに出馬打診
みんなの党が福岡で自民離党の県議を擁立 参院選
外国人地方参政権問題に一石

『スーパーストリートファイターIV』ハカンのウルトラコンボを動画で紹介
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続−環境省(時事通信)
豪雨で行方不明、ランドセル8か月ぶり発見(読売新聞)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
新築の住宅やビル、省エネ基準適合義務化へ(読売新聞)

【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)

 小学校4、5年生ころまでだったろうか、「台風一過」は「台風一家」と思い込んでいた。お父さん台風とお母さん台風がいて、子供の台風が「いつか僕もお父さんのような立派な台風になるんだ」と言っているような一家を想像していた。漢字を知らずに耳で聞くだけだと起きるこのような恥ずかしい間違いが、ほかの言葉にも、あったように思う。

 日本語は音節の数が大変少ない。いろいろな学説があるようだが、110前後らしい。これは英語の30分の1ということだ。このため同じ発音で意味が異なる言葉が山のようにできてしまった。

 落語の落ちに「地口(じぐち)落ち」と言われるものがある。「ケガない」と「毛がない」を掛ける類(たぐ)いだが、安易だと落語通の評価は低い。確かに大ネタと言われる大作に、地口落ちはあまり見当たらない。

 新聞の編集でも同訓異字・同音異義語はやっかいなものに分類されている。電子機器の発達により手で字を書くことが減った。キーボードを打つことが主流になったため、見た目が似ていて、意味も重なるものが要注意。打って出てきた字は正しく見えてしまう。「堅い−硬い」「無情−無常」「加重−過重」などと挙げていくときりがない。間違わないためには、何度も確認をするしか方法はないようだ。

 3月に佐渡のトキ保護センターのケージで、トキ9羽がテンに襲われて死んだ。このニュースを伝える紙面は「テンが侵入」とあった。「しんにゅう」は代表的なもので5つほどあり、この字で当然正しいのだが、一応、用語集であるハンドブックを引いて確認をしてみる。侵入の意味は「不法に押し入る」とある。テンに順法精神があるわけないので、違和感もあるが、「進入」はもっとおかしい。これは迷わない例だが、このようなことを考えながら新聞を作っている。「戦う−闘う」など正解のないものも多い。

 「太平の眠りを覚ます上喜撰(蒸気船) たった四杯(四隻)で夜も寝られず」。この有名な狂歌がペリー来航直後に詠まれていたことを示す手紙が最近見つかった。人々は日本語の特性を楽しみ、そして有効に駆使していた。

 漢字を外国から取り入れ、それを根づかせた先人たち。その過程で生まれた、やっかいな同訓異字・同音異義語だが、先人の苦労の産物であり、感謝しながら仲良く付き合っていきたい。(校閲部長 深山茂)

京急線生麦駅の変電施設から煙、1600人が線路上を歩き避難(産経新聞)
イチネンHD、黒田会長が退任へ(レスポンス)
コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
仕分け第二弾 民間仕分け人31人を内定 外人は除外(産経新聞)
<成田空港>軍用拳銃300丁国内へ ドイツから誤って送付(毎日新聞)

与謝野・園田氏が月内に新党、来週にも自民離党(読売新聞)

 自民党の与謝野馨・元財務相と園田博之・元官房副長官が、来週にも離党する意向を固めたことが2日、分かった。

 新党を結成する意向を表明した平沼赳夫・元経済産業相(無所属)との連携も視野に、月内の新党結成を目指して調整している。ベテラン議員の相次ぐ離党により、自民党の谷垣総裁の求心力低下は避けられない情勢だ。

 与謝野、園田両氏は2日、都内で平沼氏や自民党の藤井孝男・元運輸相と会談し、新党結成を巡って意見交換した。

 与謝野氏は2月の衆院予算委員会で政治とカネの問題で、鳩山首相を「平成の脱税王」と厳しく批判した。しかし、直後の党首討論で谷垣氏が首相に退陣を迫らなかったため、3月に月刊誌「文芸春秋」への寄稿で辞任を要求した。

 また、園田氏とともに、谷垣執行部を刷新し、若手・中堅を幹部に起用して出直しを図るべきだと主張してきたが、谷垣氏が1日の党全議員懇談会で、大島幹事長ら幹部の交代は行わない考えを表明したことを受け、党再生は困難と判断。新党結成の方向で検討に入った。

 新党結成には、夏の参院選で、民主、自民両党への批判票や保守票の受け皿になることで、与党を過半数割れに追い込む狙いがあると見られる。

 与謝野、園田両氏は共に財政再建重視派として知られるが、平沼氏は自主憲法制定を掲げるなど保守色が強く、自民党内でも「政策面で与謝野、平沼氏の開きは大きい」との指摘がある。

 ただ、与謝野氏が平沼氏らと連携しない場合、政党要件を満たすために必要な5人以上の国会議員を確保できるかどうかは不透明だ。

 与謝野氏は党政調会長や経済財政相、財務相などを歴任し、党内きっての政策通とされる。園田氏は1993年に自民党を離党し、新党さきがけ結党に参加。自社さ政権の村山内閣で官房副長官を務めたが、99年に復党した。

「茨城美少女図鑑」第2弾、モデルが配ってPR(読売新聞)
<雑記帳>宮本亜門さん、神奈川芸術劇場の初代芸術監督に(毎日新聞)
自首の男を殺人容疑で逮捕 大阪・天王寺のマンション刺殺事件(産経新聞)
ネットいじめにも対応、45年ぶり指導手引書(読売新聞)
藤谷治さんのチェロ盗難「何としても見つけて」(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。